松井秀喜に匹敵の評も 早実・清宮幸太郎を育てた家庭教育

公開日: 更新日:

 スポーツ紙では“何十年に1人”の逸材がなぜか毎年出てくるが、早稲田実業3年の清宮幸太郎選手(18)は、間違いなく超高校級の怪物スラッガーと呼べるだろう。彼にとって高校最後の甲子園出場をかけた予選(西東京大会)が7月8日に開幕するが、その前に怪物の素顔を見てみよう。

■ニンテンドーDSを買ってもらえず……

 低迷する巨人はもちろん、プロ野球の全球団にとって喉から手が出るほど欲しい逸材だろう。1999年5月25日(ふたご座)生まれの18歳。どんな子供時代を送ってきたのか?

 耳にタコだろうが、父は早大ラグビー部出身の清宮克幸氏(49)。母の幸世さんも慶大時代にゴルフ部の主将を務めたアスリートだ。どちらも大学卒業後、サントリーに入社。宣伝部で働いていた1歳年上の幸世さんを“猛タックル”で攻略し、結婚している。ちなみに、幸世さんは幸太郎君を出産後に同社を退社した。清宮選手はこの両親の元で厳しく育てられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  4. 4

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  5. 5

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  6. 6

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  7. 7

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  8. 8

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  9. 9

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  10. 10

    TV各局「五輪キャスター選び」が難航する“オトナの事情”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る