松井秀喜に匹敵の評も 早実・清宮幸太郎を育てた家庭教育

公開日:

 スポーツ紙では“何十年に1人”の逸材がなぜか毎年出てくるが、早稲田実業3年の清宮幸太郎選手(18)は、間違いなく超高校級の怪物スラッガーと呼べるだろう。彼にとって高校最後の甲子園出場をかけた予選(西東京大会)が7月8日に開幕するが、その前に怪物の素顔を見てみよう。

■ニンテンドーDSを買ってもらえず……

 低迷する巨人はもちろん、プロ野球の全球団にとって喉から手が出るほど欲しい逸材だろう。1999年5月25日(ふたご座)生まれの18歳。どんな子供時代を送ってきたのか?

 耳にタコだろうが、父は早大ラグビー部出身の清宮克幸氏(49)。母の幸世さんも慶大時代にゴルフ部の主将を務めたアスリートだ。どちらも大学卒業後、サントリーに入社。宣伝部で働いていた1歳年上の幸世さんを“猛タックル”で攻略し、結婚している。ちなみに、幸世さんは幸太郎君を出産後に同社を退社した。清宮選手はこの両親の元で厳しく育てられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る