マエケンが谷間の先発で5勝目…先制の適時二塁打も披露

公開日: 更新日:

 ドジャース・前田健太(29)が18日(日本時間19日)のレッズ戦に登板。5回を3安打1失点1死球で、5勝目(3敗)を挙げた。3敗目を喫した4日のブルワーズ戦以来の先発で、登板4試合ぶりの白星を手にした。

 この日の前田は立ち上がりから安定した投球。四回1死満塁から押し出し死球で1点を失ったが、最低限の役割をこなし、ローテーションの谷間で巡ってきた先発機会を生かした。

 二回の第1打席では自ら先制の適時二塁打を放ち、非凡な打撃も披露した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  3. 3

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  4. 4

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  5. 5

    石破氏から菅氏へ…“変わり身の早い男”は刺激欲求が強い

  6. 6

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  7. 7

    事務所の社長を自ら解雇…小林幸子はマスコミから袋叩きに

  8. 8

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る