なぜわざわざ交流戦? メジャー球団がベイ筒香視察の狙い

公開日: 更新日:

 メジャーが本腰を入れて日本人選手に触手を伸ばし始めた。

 去る26、27日、ドジャースとレンジャーズのスカウト陣が、二軍調整中の日本ハム・大谷翔平を視察。ドジャースはわざわざゲレン・カー編成部長が来日、昨秋のWBC強化試合で大谷に接触してタンパリング疑惑を招いた張本人が性懲りもなくグラウンドに姿を見せたのだ。

「今後も続々、メジャースカウトが日本人選手をチェックしに来るし、彼らは大谷だけが目当てではないと聞いている」と、ある代理人関係者がこう言った。

「メジャーで松井秀喜以来の長距離打者になる可能性を秘めているDeNAの筒香(25)ですよ。メジャーのスカウトは筒香の掛け値なしの実力を測るために、あえて交流戦でチェックするつもりだといいます。なにしろ筒香が普段、プレーするセ・リーグでメジャー級の力を持ったピッチャーは巨人の菅野くらい。そこへいくとパには西武の菊池雄星を筆頭に、ソフトバンクの千賀、楽天の則本、ロッテの涌井……メジャーでもローテに入る実力の持ち主が結構、いますからね。筒香が彼らを相手にどういうバッティングを見せるか、メジャーのスカウトは興味津々なのでしょう」

 セ、パの投手の実力差は、メジャーの連中も周知の事実。だからこそ交流戦は、セの打者の実力を測る格好の機会というのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る