なぜわざわざ交流戦? メジャー球団がベイ筒香視察の狙い

公開日:  更新日:

 メジャーが本腰を入れて日本人選手に触手を伸ばし始めた。

 去る26、27日、ドジャースとレンジャーズのスカウト陣が、二軍調整中の日本ハム・大谷翔平を視察。ドジャースはわざわざゲレン・カー編成部長が来日、昨秋のWBC強化試合で大谷に接触してタンパリング疑惑を招いた張本人が性懲りもなくグラウンドに姿を見せたのだ。

「今後も続々、メジャースカウトが日本人選手をチェックしに来るし、彼らは大谷だけが目当てではないと聞いている」と、ある代理人関係者がこう言った。

「メジャーで松井秀喜以来の長距離打者になる可能性を秘めているDeNAの筒香(25)ですよ。メジャーのスカウトは筒香の掛け値なしの実力を測るために、あえて交流戦でチェックするつもりだといいます。なにしろ筒香が普段、プレーするセ・リーグでメジャー級の力を持ったピッチャーは巨人の菅野くらい。そこへいくとパには西武の菊池雄星を筆頭に、ソフトバンクの千賀、楽天の則本、ロッテの涌井……メジャーでもローテに入る実力の持ち主が結構、いますからね。筒香が彼らを相手にどういうバッティングを見せるか、メジャーのスカウトは興味津々なのでしょう」

 セ、パの投手の実力差は、メジャーの連中も周知の事実。だからこそ交流戦は、セの打者の実力を測る格好の機会というのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る