米キューバ政策変更が原因? 竜ビシエド再来日延期の謎

公開日:  更新日:

 思わぬ騒動になっている。中日の主砲ビシエド(28)がアメリカの市民権を得る手続きのため渡米しているのだが、再来日がズレ込み、リーグ戦再開となる23日の巨人戦に間に合わない公算が高いという。

 米フロリダに居を構えるビシエドはキューバ出身で、2008年にアメリカに亡命。ドミニカ共和国の居住権を得ていた。今年中にアメリカの市民権を得るべく動いていて、米移民局から手続きのための通知が来たことから、交流戦終了をまたずして16日に渡米していた。

 不測の事態に森監督は「帰ってこない。クビだよ」とジョークを交えながらも渋い表情。米在住ジャーナリストは、「アメリカの情勢の変化が影響している可能性がある」と指摘する。

「ビシエドがアメリカへ出発した翌日、トランプ大統領がフロリダでの演説でキューバ政策を変更すると宣言。前オバマ政権で国交回復したものの、その合意を破棄するというのです。渡航や貿易に関する規制強化が主な目的で、キューバ系アメリカ人のキューバ渡航や送金は継続して認められますが、大統領選ではキューバとの国交断絶も示唆していたほど。ビシエドはトランプ政策のあおりを食ったのかもしれません」

 中日にとっては、とんだトバッチリだったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る