5年ぶり8連敗…泥沼阪神は西岡一軍復帰だけが頼みの綱

公開日:  更新日:

 阪神は30日のヤクルト戦に敗れ、5年ぶりの8連敗。五回には福留が実に47イニングぶりの適時打を放ったが、好機にあと1本が出なかった。

 今の一軍には、泥沼にハマリ込んだチームの起爆剤になるような選手は見当たらない。獲得が決定的となった新外国人のロジャース(パイレーツ3A)の来日は7月上旬の予定。二軍調整中の藤浪も復帰までには、まだ時間がかかりそうだ。交流戦中に一軍昇格したドラフト1位新人の大山(白鴎大)は途中出場したこの日も2タコで6打数無安打とサッパリだけに、チーム周辺では「二軍で復活に向けて調整する西岡を、早急に一軍に呼ぶべき」との声が出ている。

 昨年7月に左アキレス腱断裂の大ケガを負った西岡は二軍で12試合に出場し、打率.394のハイアベレージ。2盗塁も決めている。守備では本職の二塁のみならず、遊撃や中堅、さらには本人いわく「プロでは一度も守ったことがない」という一塁もこなすユーティリティーぶりを発揮。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る