「迷い生じる」 虎ドラ1大山“守備たらい回し”にOB疑問符

公開日: 更新日:

「ドラ1の扱い方としては軽いんじゃないか」

 阪神のドラフト1位・大山悠輔(22=白鴎大)について、チーム周辺ではこんな声が出ている。

 18日の楽天戦で初の一軍昇格を果たした大山は、試合前の守備練習で本職の三塁だけでなく外野にも入った。金本監督のアイデアで二軍では、ウエートトレでの体づくりと並行し、試合では遊撃や一塁、さらにはアマ時代にも経験がない外野にも挑戦。三塁手として限定せず、さまざまな可能性を見いだそうとの考えもあるのだろう。だが、大山はまがりなりにも将来の中軸候補として単独1位指名した大型内野手。いくら何でもポジションをたらい回しにしすぎではないか、というのである。

 阪神は「複数ポジション」がブームのようになっている。外野手の中谷などは一塁や三塁の経験を積むことで出場機会が増え、成長を見せた。金本監督自身、複数ポジションを守れる方が試合に出る機会が多くなると考えていることもあって、二軍では左アキレス腱断裂から復帰を目指す32歳のベテラン西岡が遊撃や外野に挑戦し、昇格をアピール。本職が三塁と一塁の助っ人キャンベルまでもが外野に取り組んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る