弟弟子との稽古に上機嫌…横綱稀勢の里に“危うい兆候”

公開日: 更新日:

 このままでは先場所の二の舞いとなりかねない。

 3日、31歳の誕生日を迎えた横綱稀勢の里。この日は田子ノ浦部屋で弟弟子の大関高安と稽古を行い、「久しぶりに手応えがあった」と顔をほころばせた。稽古序盤は痛めている左腕をうまく使えなかったが、後半に挽回。前日2日を休養日に充てたこともあり、「だいぶ良くなった」と上機嫌だった。

 しかし、それこそ危険な兆候だ。先月27、28、29日は高安と稽古し、この時は特に問題はなかった。それが一門連合稽古となるや、勝手が違った。嘉風に30日、1日と連日翻弄され、揚げ句、稽古中に転倒して左腕を土俵に強打してしまったのだ。

 その影響か、2日は稽古を休み、この日は高安相手に稽古を再開。好調だ何だといっても、しょせん弟弟子が相手の時の話だ。

「兄弟子の横綱がケガをしていれば、高安はどうしたって稽古で気遣う。そこが他の部屋の力士とは違うところです。部屋が異なればケガをしていようがいまいが、横綱相手に全力を尽くさないのは失礼極まる行為。嘉風だって、稀勢の里相手に手加減する余裕なんてない。同じ一門といっても、部屋が違えばそんなもの。土俵に上がれば、食うか食われるかの世界ですからね」(ある親方)

 それでも復帰を急ぐ稀勢の里は、わらにもすがりたい気持ちなのか、弟弟子相手の相撲で自己満足しようとしている。本場所が始まったら、「休養日」などない。その時に後悔しなければいいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る