弟弟子との稽古に上機嫌…横綱稀勢の里に“危うい兆候”

公開日:  更新日:

 このままでは先場所の二の舞いとなりかねない。

 3日、31歳の誕生日を迎えた横綱稀勢の里。この日は田子ノ浦部屋で弟弟子の大関高安と稽古を行い、「久しぶりに手応えがあった」と顔をほころばせた。稽古序盤は痛めている左腕をうまく使えなかったが、後半に挽回。前日2日を休養日に充てたこともあり、「だいぶ良くなった」と上機嫌だった。

 しかし、それこそ危険な兆候だ。先月27、28、29日は高安と稽古し、この時は特に問題はなかった。それが一門連合稽古となるや、勝手が違った。嘉風に30日、1日と連日翻弄され、揚げ句、稽古中に転倒して左腕を土俵に強打してしまったのだ。

 その影響か、2日は稽古を休み、この日は高安相手に稽古を再開。好調だ何だといっても、しょせん弟弟子が相手の時の話だ。

「兄弟子の横綱がケガをしていれば、高安はどうしたって稽古で気遣う。そこが他の部屋の力士とは違うところです。部屋が異なればケガをしていようがいまいが、横綱相手に全力を尽くさないのは失礼極まる行為。嘉風だって、稀勢の里相手に手加減する余裕なんてない。同じ一門といっても、部屋が違えばそんなもの。土俵に上がれば、食うか食われるかの世界ですからね」(ある親方)

 それでも復帰を急ぐ稀勢の里は、わらにもすがりたい気持ちなのか、弟弟子相手の相撲で自己満足しようとしている。本場所が始まったら、「休養日」などない。その時に後悔しなければいいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    辺野古土砂投入…沖縄は人でなし首相と縁を切った方がいい

もっと見る