歴代9位のスロー出世 大関高安の行く末は霧島か隆の里か

公開日: 更新日:

 26日に発表された、大相撲名古屋場所の新番付。いよいよ「大関」の看板を背負うことになったのが、先場所昇進を果たした高安(27)だ。

 27日は愛知県内の宿舎で兄弟子の横綱稀勢の里と三番稽古。初優勝への期待が高まる中、果たしてうまくいくか。

 新大関は「3場所33勝」の目安をクリアした昇進前までの成績から一転、不甲斐ない数字に終わる者が少なくない。近年では09年の日馬富士、12年の鶴竜、14年の豪栄道が、いずれも8勝7敗と、あわやカド番危機。もちろん、2ケタを勝った新大関もいるが、これが優勝となると過去8人のみ。平成以降は栃東(現玉ノ井親方、02年)と白鵬(06年)の2人しかいない。

「ひとつは大関としての重圧。勝って当然の地位で、負け越せばカド番だ何だと非難される。注目度も関脇以下とは段違いです。さらにもうひとつ、これはガチンコの高安とは無縁だが、昔は星の貸し借りが横行した時期もあった。3場所33勝以上と明確な目安があるだけに、直前に星を借りて、昇進後に返していたのです」(角界OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る