歴代9位のスロー出世 大関高安の行く末は霧島か隆の里か

公開日:

 26日に発表された、大相撲名古屋場所の新番付。いよいよ「大関」の看板を背負うことになったのが、先場所昇進を果たした高安(27)だ。

 27日は愛知県内の宿舎で兄弟子の横綱稀勢の里と三番稽古。初優勝への期待が高まる中、果たしてうまくいくか。

 新大関は「3場所33勝」の目安をクリアした昇進前までの成績から一転、不甲斐ない数字に終わる者が少なくない。近年では09年の日馬富士、12年の鶴竜、14年の豪栄道が、いずれも8勝7敗と、あわやカド番危機。もちろん、2ケタを勝った新大関もいるが、これが優勝となると過去8人のみ。平成以降は栃東(現玉ノ井親方、02年)と白鵬(06年)の2人しかいない。

「ひとつは大関としての重圧。勝って当然の地位で、負け越せばカド番だ何だと非難される。注目度も関脇以下とは段違いです。さらにもうひとつ、これはガチンコの高安とは無縁だが、昔は星の貸し借りが横行した時期もあった。3場所33勝以上と明確な目安があるだけに、直前に星を借りて、昇進後に返していたのです」(角界OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る