稀勢はケガ、高安には重圧…田子ノ浦勢の7月場所に黄信号

公開日:  更新日:

 やはり、不安は拭えない。

 21日、横綱稀勢の里(30)が阿武松部屋に出稽古に赴き、幕内阿武咲を相手に汗を流した。

 弟弟子で新大関の高安(27)との稽古も再開し、出稽古も積極的。今後は名古屋場所の宿舎に移動、本場所まで調整を行う。

 しかし、気になるのがケガの具合だ。5月場所は左腕、左胸のケガで途中休場し、横綱審議委員会からは「7月の名古屋場所は休場して、体調を万全にすべし」と忠告された。名古屋場所は万全の状態で臨めるのか。

 評論家の中澤潔氏は「心配ですね」と、こう続ける。

「確かに稽古を見る限り、負傷箇所に巻いていたサポーターは外していますが、だからといってケガが治ったとは言い切れない。痛くても『痛くない』と強気の態度を見せるのは、大相撲では当たり前だからです。さらに出稽古といっても、本当に強い相手とは相撲を取っていない。高安だって、稽古で兄弟子の負傷箇所を攻めないでしょう。となれば名古屋で出稽古に励んでほしいが、相撲部屋が両国に集中している東京と異なり、地方場所の宿舎は場所がバラバラですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る