稀勢はケガ、高安には重圧…田子ノ浦勢の7月場所に黄信号

公開日:  更新日:

 やはり、不安は拭えない。

 21日、横綱稀勢の里(30)が阿武松部屋に出稽古に赴き、幕内阿武咲を相手に汗を流した。

 弟弟子で新大関の高安(27)との稽古も再開し、出稽古も積極的。今後は名古屋場所の宿舎に移動、本場所まで調整を行う。

 しかし、気になるのがケガの具合だ。5月場所は左腕、左胸のケガで途中休場し、横綱審議委員会からは「7月の名古屋場所は休場して、体調を万全にすべし」と忠告された。名古屋場所は万全の状態で臨めるのか。

 評論家の中澤潔氏は「心配ですね」と、こう続ける。

「確かに稽古を見る限り、負傷箇所に巻いていたサポーターは外していますが、だからといってケガが治ったとは言い切れない。痛くても『痛くない』と強気の態度を見せるのは、大相撲では当たり前だからです。さらに出稽古といっても、本当に強い相手とは相撲を取っていない。高安だって、稽古で兄弟子の負傷箇所を攻めないでしょう。となれば名古屋で出稽古に励んでほしいが、相撲部屋が両国に集中している東京と異なり、地方場所の宿舎は場所がバラバラですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る