稀勢はケガ、高安には重圧…田子ノ浦勢の7月場所に黄信号

公開日: 更新日:

 やはり、不安は拭えない。

 21日、横綱稀勢の里(30)が阿武松部屋に出稽古に赴き、幕内阿武咲を相手に汗を流した。

 弟弟子で新大関の高安(27)との稽古も再開し、出稽古も積極的。今後は名古屋場所の宿舎に移動、本場所まで調整を行う。

 しかし、気になるのがケガの具合だ。5月場所は左腕、左胸のケガで途中休場し、横綱審議委員会からは「7月の名古屋場所は休場して、体調を万全にすべし」と忠告された。名古屋場所は万全の状態で臨めるのか。

 評論家の中澤潔氏は「心配ですね」と、こう続ける。

「確かに稽古を見る限り、負傷箇所に巻いていたサポーターは外していますが、だからといってケガが治ったとは言い切れない。痛くても『痛くない』と強気の態度を見せるのは、大相撲では当たり前だからです。さらに出稽古といっても、本当に強い相手とは相撲を取っていない。高安だって、稽古で兄弟子の負傷箇所を攻めないでしょう。となれば名古屋で出稽古に励んでほしいが、相撲部屋が両国に集中している東京と異なり、地方場所の宿舎は場所がバラバラですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  3. 3

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

  10. 10

    虎糸井もはや不良債権 去就はドラフトでの近大・佐藤次第

もっと見る