稽古で醜態 強行出場前向き稀勢の里に「休む勇気を」の声

公開日:  更新日:

「強い横綱」の姿はそこにはなかった。

 30日に行われた二所ノ関一門の連合稽古。横綱稀勢の里(30)が、不甲斐ない相撲で周囲を落胆させたのだ。

 先場所初日に不覚を取った嘉風と三番稽古を行うも、翻弄されっぱなし。左を差せないと何も出来ず、後手に回る展開を強いられた。3月場所で負傷した左上半身が治りきっていないのか、左腕を使った時は顔をしかめる場面もあった。

 本人も終始、苛立った様子で、

「また明日、修正する」

 と報道陣にもロクに話そうとせず、帰りの車に乗り込んだ。

 本人は7月場所出場に前向きだが、相撲評論家の中澤潔氏は「潔く、休場すべきです」と、こう話す。

「横綱が本場所に出る以上は、ファンの期待に応えるのが義務。つまり、『横綱としての相撲』が取れなければ意味はありません。もし、稀勢の里が『横綱としての体面が……』という理由で休場しないのならば、それは思い違いもいいところ。横綱は成績にかかわらず、地位が降格することはない。休場して治療に専念することは、横綱に許された権利です。稀勢の里には、休む勇気を持って欲しい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る