稽古で醜態 強行出場前向き稀勢の里に「休む勇気を」の声

公開日:  更新日:

「強い横綱」の姿はそこにはなかった。

 30日に行われた二所ノ関一門の連合稽古。横綱稀勢の里(30)が、不甲斐ない相撲で周囲を落胆させたのだ。

 先場所初日に不覚を取った嘉風と三番稽古を行うも、翻弄されっぱなし。左を差せないと何も出来ず、後手に回る展開を強いられた。3月場所で負傷した左上半身が治りきっていないのか、左腕を使った時は顔をしかめる場面もあった。

 本人も終始、苛立った様子で、

「また明日、修正する」

 と報道陣にもロクに話そうとせず、帰りの車に乗り込んだ。

 本人は7月場所出場に前向きだが、相撲評論家の中澤潔氏は「潔く、休場すべきです」と、こう話す。

「横綱が本場所に出る以上は、ファンの期待に応えるのが義務。つまり、『横綱としての相撲』が取れなければ意味はありません。もし、稀勢の里が『横綱としての体面が……』という理由で休場しないのならば、それは思い違いもいいところ。横綱は成績にかかわらず、地位が降格することはない。休場して治療に専念することは、横綱に許された権利です。稀勢の里には、休む勇気を持って欲しい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る