• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マリナーズ岩隈が右肩再生治療 来季契約自動更新は絶望的

 ベテラン右腕は今季で見納めか。

 右肩の炎症で故障者リスト(DL)入りしているマリナーズ・岩隈久志(36)が患部に再び違和感を訴えて再生療法であるPRPと、痛み止めの一種であるコルチゾン注射を受けた。5日付の地元紙「シアトル・タイムズ」(電子版)によれば、岩隈がチームドクターによる治療を受けたのは今月の3日。岩隈は地元メディアの取材に「症状は深刻ではないので、それほど時間はかからないと思う」と話しているが、PRP療法は復帰までに最短でも6週間。ベテラン右腕が戦列に戻るのは早くても8月14日になる。順調にリハビリ、調整登板をこなして最短で復帰できたとしても来季の残留は絶望的だ。

 岩隈は2015年オフに一度はドジャースと合意しながらメディカルチェックで異常が見つかり破談。その後、マリナーズと3年総額4750万ドル(約54億円)で再契約したが、3年目の18年は球団に選択権のあるオプション。16年から17年の2年間で計324投球回に達すれば、年俸1500万ドル(約17億円)で自動的に契約を更新される。岩隈の投球回数は昨季(199)と合わせて現時点で230。残り94イニングが必要になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  5. 5

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る