• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マリナーズ岩隈が右肩再生治療 来季契約自動更新は絶望的

 ベテラン右腕は今季で見納めか。

 右肩の炎症で故障者リスト(DL)入りしているマリナーズ・岩隈久志(36)が患部に再び違和感を訴えて再生療法であるPRPと、痛み止めの一種であるコルチゾン注射を受けた。5日付の地元紙「シアトル・タイムズ」(電子版)によれば、岩隈がチームドクターによる治療を受けたのは今月の3日。岩隈は地元メディアの取材に「症状は深刻ではないので、それほど時間はかからないと思う」と話しているが、PRP療法は復帰までに最短でも6週間。ベテラン右腕が戦列に戻るのは早くても8月14日になる。順調にリハビリ、調整登板をこなして最短で復帰できたとしても来季の残留は絶望的だ。

 岩隈は2015年オフに一度はドジャースと合意しながらメディカルチェックで異常が見つかり破談。その後、マリナーズと3年総額4750万ドル(約54億円)で再契約したが、3年目の18年は球団に選択権のあるオプション。16年から17年の2年間で計324投球回に達すれば、年俸1500万ドル(約17億円)で自動的に契約を更新される。岩隈の投球回数は昨季(199)と合わせて現時点で230。残り94イニングが必要になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る