ボストンに現れた台湾の新鋭 林子偉“ケタ違い”の実力

公開日:  更新日:

 松坂大輔(現ソフトバンク)ら、これまで多くの日本人選手がプレーしたレッドソックスに台湾出身の新鋭が現れた。

 4日(日本時間5日)のレンジャーズ戦に「9番・三塁」でスタメン出場し、猛打賞を記録した林子偉内野手(23=右投げ左打ち)のことだ。

 この試合に先発したダルからメジャー初適時打を含む2安打を放って攻略。チームの大勝に貢献した。

 高雄市出身の林は高校時代、台湾代表として出場した国際大会で、レッドソックスのスカウトの目に留まり、2012年に契約金209万ドル(約2億4000万円)で入団。ルーキー級から順調に昇格を果たし、今季は有望株が集まる2Aポートランドで開幕を迎えた。2Aでは48試合で159打数48安打の打率3割2厘、5本塁打、19打点。サンドバルら主力内野手に故障者が続出したため、6月24日に初昇格し、ここまで10試合で打率3割6分(25 打数9安打)。守備では三塁、遊撃で起用され、どちらもソツなくこなしている。15年にはマイナーで23盗塁をマークするなど俊足巧打が売りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る