日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京V入り秒読み トッティの決断に「キャプテン翼」あり

 セリエA・ローマひと筋に25シーズン、華麗なテクニックでサッカーファンを魅了してきた元イタリア代表MFトッティ(40)が「東京V入りするかもしれない」という一報が流れた時、多くが「世界的スーパースターのトッティが、日本の2部クラブに来るわけがない」と思ったハズだ。

 今回の移籍話は、トッティの代理人を務める実兄と東京Vとの間に日本人の代理人が入る形で進められていたが、東京Vの羽生社長が9日に「日本人の代理人から『ローマの役員になるか、東京Vで現役を続けるか、二択になりました』と連絡が入った」とコメント。大きな進展があったことを明らかにした。

「セリエA619試合出場で250ゴール、イタリア代表の背番号10として06年ドイツW杯優勝の立役者にもなった。そんなレジェンドが、日本で現役を続行するのは許せない! ローマのトッティで現役を終えるべき! とローマ市内で反対運動が起きているほどです。しかし、実はトッティは大の日本びいき。幼少期にイタリアで流れたアニメ『キャプテン翼』の熱狂的ファンなのです」(サッカーライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事