医師は完治明言も 初白星の稀勢の里に「相撲勘鈍い」の声

公開日: 更新日:

「ケガが治っているのならば、左という武器を生かした相撲を見せてくれよ、と言いたいですね」

 失望感もあらわにこう話すのは、相撲評論家の中澤潔氏だ。

 初日は何もできずに御嶽海に寄り切られた横綱稀勢の里(31)。10日(2日目)は勝つには勝ったが、初顔合わせの貴景勝に苦戦を強いられた。

 立ち合いから突っ張りをしかける20歳の貴景勝に応戦するも、明らかに押された。最後は単調なリズムで前に出てくる相手をなんとか突き落としたが、問題は初日も使えずじまいだった左差しを、この日も使わなかったことだ。

 この対戦前、向正面で中継の解説を務めた西岩親方(元関脇若の里)は弟弟子の稀勢の里について、「左腕のケガはほとんど治っている。ケガをする前の状態に近いくらい」と話していた。11日発売の週刊誌「FLASH」でも、稀勢の里の主治医が「胸と腕の怪我は完治しています」「稀勢の里の回復力は驚異的な早さです。(中略)今場所についてはまったく心配していません」と証言している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  2. 2

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  10. 10

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る