医師は完治明言も 初白星の稀勢の里に「相撲勘鈍い」の声

公開日:  更新日:

「ケガが治っているのならば、左という武器を生かした相撲を見せてくれよ、と言いたいですね」

 失望感もあらわにこう話すのは、相撲評論家の中澤潔氏だ。

 初日は何もできずに御嶽海に寄り切られた横綱稀勢の里(31)。10日(2日目)は勝つには勝ったが、初顔合わせの貴景勝に苦戦を強いられた。

 立ち合いから突っ張りをしかける20歳の貴景勝に応戦するも、明らかに押された。最後は単調なリズムで前に出てくる相手をなんとか突き落としたが、問題は初日も使えずじまいだった左差しを、この日も使わなかったことだ。

 この対戦前、向正面で中継の解説を務めた西岩親方(元関脇若の里)は弟弟子の稀勢の里について、「左腕のケガはほとんど治っている。ケガをする前の状態に近いくらい」と話していた。11日発売の週刊誌「FLASH」でも、稀勢の里の主治医が「胸と腕の怪我は完治しています」「稀勢の里の回復力は驚異的な早さです。(中略)今場所についてはまったく心配していません」と証言している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る