• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

名古屋出場を明言 横綱・稀勢の里“起死回生”への選択肢

 いつもと違った横綱が見られるかもしれない。

 6日、横綱稀勢の里(31)が、7月場所(9日開幕)の出場を明らかにした。

「やると決めて、いつも通りに調整した。集中して一日一番やるだけ」

 と自信を見せた横綱。田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)も、「横綱らしい相撲を取らなければいけないと、本人もわかっている」話した。3月場所で負傷した左上半身の状態も、5月場所よりは良くなっているという。

 とはいえ、先場所も「もう大丈夫」と判断しながら、途中休場に追い込まれた。上腕二頭筋を損傷している左腕は、先週末の一門連合稽古でも痛みが走ったばかりで不安は残る。

 相撲記者は「まさか、まさかですが……」と、こう続ける。

「突っ張りも出るかもしれませんよ。稀勢の里は昔から、愚直なまでの四つ相撲。押し相撲とは無縁だった。でも、いまや四の五の言ってられませんからね。中でも一門連合稽古で2日連続不覚を取った嘉風相手に、得意の左差しは通用しないでしょう。左腕を負傷している稀勢の里では、右脇を固められたら左を差せない。そこで突っ張りですよ。嘉風のみならず、普段突っ張らない稀勢の里が押し相撲を選択すれば、相手も面食らうはず。そこで隙を生じさせれば、左を差すチャンスも生まれてくる」

 負傷直後の3月場所千秋楽では、“らしくない”立ち合い変化で照ノ富士に勝ち、賜杯をもぎ取った。突っ張りは起死回生の一手となるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る