名古屋出場を明言 横綱・稀勢の里“起死回生”への選択肢

公開日:  更新日:

 いつもと違った横綱が見られるかもしれない。

 6日、横綱稀勢の里(31)が、7月場所(9日開幕)の出場を明らかにした。

「やると決めて、いつも通りに調整した。集中して一日一番やるだけ」

 と自信を見せた横綱。田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)も、「横綱らしい相撲を取らなければいけないと、本人もわかっている」話した。3月場所で負傷した左上半身の状態も、5月場所よりは良くなっているという。

 とはいえ、先場所も「もう大丈夫」と判断しながら、途中休場に追い込まれた。上腕二頭筋を損傷している左腕は、先週末の一門連合稽古でも痛みが走ったばかりで不安は残る。

 相撲記者は「まさか、まさかですが……」と、こう続ける。

「突っ張りも出るかもしれませんよ。稀勢の里は昔から、愚直なまでの四つ相撲。押し相撲とは無縁だった。でも、いまや四の五の言ってられませんからね。中でも一門連合稽古で2日連続不覚を取った嘉風相手に、得意の左差しは通用しないでしょう。左腕を負傷している稀勢の里では、右脇を固められたら左を差せない。そこで突っ張りですよ。嘉風のみならず、普段突っ張らない稀勢の里が押し相撲を選択すれば、相手も面食らうはず。そこで隙を生じさせれば、左を差すチャンスも生まれてくる」

 負傷直後の3月場所千秋楽では、“らしくない”立ち合い変化で照ノ富士に勝ち、賜杯をもぎ取った。突っ張りは起死回生の一手となるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る