名古屋出場を明言 横綱・稀勢の里“起死回生”への選択肢

公開日:  更新日:

 いつもと違った横綱が見られるかもしれない。

 6日、横綱稀勢の里(31)が、7月場所(9日開幕)の出場を明らかにした。

「やると決めて、いつも通りに調整した。集中して一日一番やるだけ」

 と自信を見せた横綱。田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)も、「横綱らしい相撲を取らなければいけないと、本人もわかっている」話した。3月場所で負傷した左上半身の状態も、5月場所よりは良くなっているという。

 とはいえ、先場所も「もう大丈夫」と判断しながら、途中休場に追い込まれた。上腕二頭筋を損傷している左腕は、先週末の一門連合稽古でも痛みが走ったばかりで不安は残る。

 相撲記者は「まさか、まさかですが……」と、こう続ける。

「突っ張りも出るかもしれませんよ。稀勢の里は昔から、愚直なまでの四つ相撲。押し相撲とは無縁だった。でも、いまや四の五の言ってられませんからね。中でも一門連合稽古で2日連続不覚を取った嘉風相手に、得意の左差しは通用しないでしょう。左腕を負傷している稀勢の里では、右脇を固められたら左を差せない。そこで突っ張りですよ。嘉風のみならず、普段突っ張らない稀勢の里が押し相撲を選択すれば、相手も面食らうはず。そこで隙を生じさせれば、左を差すチャンスも生まれてくる」

 負傷直後の3月場所千秋楽では、“らしくない”立ち合い変化で照ノ富士に勝ち、賜杯をもぎ取った。突っ張りは起死回生の一手となるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る