前半終えて防御率0点 楽天福山は“浅尾超え”ができるのか

公開日:

「ミスターゼロ」がまたやった。

 楽天の救援右腕・福山博之(28)が11日のソフトバンク戦に3番手で登板し、4―4の八回を3人でピシャリ。チームは逆点勝ちで前半戦の首位が確定した。

 5勝目がついた福山は、ここまで36試合で33回3分の1を投げて防御率は0.00。ゼロ並びがどこまで続くか注目されているが、「猛暑の夏場に疲れが出てくれば、いずれは点を取られる」ともっぱらだ。

 1996年から投手タイトルに加わった「最優秀中継ぎ」の過去の成績を見ると、2011年の浅尾拓也(中日)が驚異的だ。79試合、87回3分の1を投げて7勝2敗10セーブ45ホールド。奪三振100で被本塁打0、自責点4。防御率は0.41。2年連続最優秀中継ぎ投手に輝き、チームのリーグ連覇に貢献。セのMVPにも選ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  7. 7

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

もっと見る