• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

稀勢の“稽古の勝敗”に大騒ぎ スポーツマスコミに識者苦言

 スポーツマスコミによれば「嘉風に13番全勝!」ということらしいが、それが一体何だというのだ。

 2日、新横綱・稀勢の里(30)が、二所ノ関一門の連合稽古に参加。嘉風相手に13番取った。

「日に日に良くなってきている。調子も戻ってきたね」

 と満足げな稀勢の里はさておき、気になるのが稽古にもかかわらず、勝敗ばかりをピックアップするスポーツマスコミだ。

 長年、相撲取材を行ってきた評論家の中澤潔氏は、「われわれの時代は、稽古で何勝何敗なんて書く記者はいなかったんですが……」と、こう話す。

「稽古はあくまで稽古。自分の調子を見ながら、いかに鍛えるかが大事です。日頃の成果を試す、本場所とは訳が違う。昔は、『勝敗に関係なく試していることがあるのではないか』『何かの対策を練っているのではないか』と、内容で記事を書いていたものです。確かに稽古とはいえ、新横綱の勝った負けたは話題にしやすいでしょう。しかし、それでは本質を見失っている。本場所が始まる12日まで、まだまだ時間はある。今の時期に目先の勝敗だけ取り上げても意味はないし、大きな間違いです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  4. 4

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  10. 10

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

もっと見る