稀勢の“稽古の勝敗”に大騒ぎ スポーツマスコミに識者苦言

公開日:  更新日:

 スポーツマスコミによれば「嘉風に13番全勝!」ということらしいが、それが一体何だというのだ。

 2日、新横綱・稀勢の里(30)が、二所ノ関一門の連合稽古に参加。嘉風相手に13番取った。

「日に日に良くなってきている。調子も戻ってきたね」

 と満足げな稀勢の里はさておき、気になるのが稽古にもかかわらず、勝敗ばかりをピックアップするスポーツマスコミだ。

 長年、相撲取材を行ってきた評論家の中澤潔氏は、「われわれの時代は、稽古で何勝何敗なんて書く記者はいなかったんですが……」と、こう話す。

「稽古はあくまで稽古。自分の調子を見ながら、いかに鍛えるかが大事です。日頃の成果を試す、本場所とは訳が違う。昔は、『勝敗に関係なく試していることがあるのではないか』『何かの対策を練っているのではないか』と、内容で記事を書いていたものです。確かに稽古とはいえ、新横綱の勝った負けたは話題にしやすいでしょう。しかし、それでは本質を見失っている。本場所が始まる12日まで、まだまだ時間はある。今の時期に目先の勝敗だけ取り上げても意味はないし、大きな間違いです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る