後半戦は連戦地獄 楽天の浮沈握る“6人目の男”は頼りなし

公開日: 更新日:

「ツケは必ず回ってくる、夏にね」

 こう危機感を募らせたのは楽天の梨田監督。前半戦を総括したこの言葉が現実になるかもしれない。

 2位のソフトバンクに肉薄されながら首位ターン。指揮官が「日程に恵まれた」と言うように、前半戦は他球団と比べてスケジュールに余裕があった。しかし、後半戦は7月18日を皮切りに7週連続の6連戦。9月3日まで連戦地獄が続く。

 楽天はエースの則本と岸を筆頭に、美馬、辛島、釜田と先発投手5枚は確保できているが、過酷な夏を乗り切るには「6人目の男」が必要不可欠。塩見(今季2試合1勝)、安楽(3試合1勝2敗)、藤平(1試合1敗)、森(3試合1敗)らが候補だが、実績はいずれもパッとしない。登録と抹消を繰り返す、いわゆる「当落線上」の面々だ。

 前半戦であれば、粗削りな若手を試しながら使えたが、後半戦はそんな余裕もなくなる。頼るとすれば、経験豊富な7年目の塩見や5年目の森だが、二軍で投手陣を預かる小山投手コーチは「森はまだまだかなと。上(一軍)で学んだことを下(二軍)ですら実践できていない。もっと学習しようという気持ちがないとダメ」と厳しい。

 楽天は「6人目の男」に悩まされることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  5. 5

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

  8. 8

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  9. 9

    日ハム輝星は3回5失点KOでも…中日打者から相次ぐ称賛の声

  10. 10

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る