後半戦は連戦地獄 楽天の浮沈握る“6人目の男”は頼りなし

公開日:

「ツケは必ず回ってくる、夏にね」

 こう危機感を募らせたのは楽天の梨田監督。前半戦を総括したこの言葉が現実になるかもしれない。

 2位のソフトバンクに肉薄されながら首位ターン。指揮官が「日程に恵まれた」と言うように、前半戦は他球団と比べてスケジュールに余裕があった。しかし、後半戦は7月18日を皮切りに7週連続の6連戦。9月3日まで連戦地獄が続く。

 楽天はエースの則本と岸を筆頭に、美馬、辛島、釜田と先発投手5枚は確保できているが、過酷な夏を乗り切るには「6人目の男」が必要不可欠。塩見(今季2試合1勝)、安楽(3試合1勝2敗)、藤平(1試合1敗)、森(3試合1敗)らが候補だが、実績はいずれもパッとしない。登録と抹消を繰り返す、いわゆる「当落線上」の面々だ。

 前半戦であれば、粗削りな若手を試しながら使えたが、後半戦はそんな余裕もなくなる。頼るとすれば、経験豊富な7年目の塩見や5年目の森だが、二軍で投手陣を預かる小山投手コーチは「森はまだまだかなと。上(一軍)で学んだことを下(二軍)ですら実践できていない。もっと学習しようという気持ちがないとダメ」と厳しい。

 楽天は「6人目の男」に悩まされることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る