スピース全英OP首位堅守 悪天候もきちんとスコア伸ばす

公開日: 更新日:

【全英オープン 2日目】

 好天だった前日とは打って変わり、大会2日目はコース上空に薄暗い雲が低く垂れ込め、全英オープンらしい冷たい雨と強い風という厳しいコンディションになった。

 天候が崩れ、各選手ともスコアも伸び悩んだ。

 初日アンダーパーは39選手もいたが、この日に60台で回ったのは8選手だけ。予選通過は通算5オーバーまでの77選手だった。

 そんな中で69で回り、首位をキープしたのがメジャー3勝目を狙うジョーダン・スピース(23)だ。

 前半は1番で2メートルを決めてバーディーが先行するも、3番、9番とボギーをたたき1つスコアを落としてターン。

 流れを変えたのは10番のアプローチだった。3打目をグリーン右奥に外し、ピンまで残り約20ヤード。またボギーか、と誰もが思った4打目をウエッジで直接カップインしてパーで切り抜けると、11番は8メートルを放り込み、12番はピンそば1メートルにつけるスーパーショットを放ち連続バーディーを奪った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

  10. 10

    高嶋ちさ子“毒舌”を否定「これでも歯に衣着せてるんです」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る