スピース全英OP首位堅守 悪天候もきちんとスコア伸ばす

公開日:  更新日:

【全英オープン 2日目】

 好天だった前日とは打って変わり、大会2日目はコース上空に薄暗い雲が低く垂れ込め、全英オープンらしい冷たい雨と強い風という厳しいコンディションになった。

 天候が崩れ、各選手ともスコアも伸び悩んだ。

 初日アンダーパーは39選手もいたが、この日に60台で回ったのは8選手だけ。予選通過は通算5オーバーまでの77選手だった。

 そんな中で69で回り、首位をキープしたのがメジャー3勝目を狙うジョーダン・スピース(23)だ。

 前半は1番で2メートルを決めてバーディーが先行するも、3番、9番とボギーをたたき1つスコアを落としてターン。

 流れを変えたのは10番のアプローチだった。3打目をグリーン右奥に外し、ピンまで残り約20ヤード。またボギーか、と誰もが思った4打目をウエッジで直接カップインしてパーで切り抜けると、11番は8メートルを放り込み、12番はピンそば1メートルにつけるスーパーショットを放ち連続バーディーを奪った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る