阪神「Bクラス転落」で金本監督の来季続投“白紙”の可能性

公開日: 更新日:

「金本監督はここからが正念場だ」

 こう言うのは、さる阪神OBだ。

 阪神は23日のヤクルト戦で、先発のメッセンジャーが8回無失点と好投するなど5―0で快勝。貯金7で単独2位をキープした。25日からは甲子園で3位DeNAとの直接対決を迎える。前出のOBがこう続ける。

「阪神は毎年、夏場以降にヤマが来る。8月の『死のロード』と、毎年失速傾向にある9月が控えているからだ。昨年は8月に11勝14敗と負け越し、9月は9勝9敗。一昨年は8月こそ13勝12敗も、9月は9勝13敗1分けと負け越した。14年はCSで巨人に勝利して日本シリーズに進出しているが、阪神は最後のひと踏ん張りに欠ける傾向がある。糸井、糸原、そしてセットアッパーのマテオとケガ人が相次いでいるし、ベテランの福留、西岡に負担がかかる状況になっているのは不安材料ではある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る