阪神「Bクラス転落」で金本監督の来季続投“白紙”の可能性

公開日: 更新日:

「金本監督はここからが正念場だ」

 こう言うのは、さる阪神OBだ。

 阪神は23日のヤクルト戦で、先発のメッセンジャーが8回無失点と好投するなど5―0で快勝。貯金7で単独2位をキープした。25日からは甲子園で3位DeNAとの直接対決を迎える。前出のOBがこう続ける。

「阪神は毎年、夏場以降にヤマが来る。8月の『死のロード』と、毎年失速傾向にある9月が控えているからだ。昨年は8月に11勝14敗と負け越し、9月は9勝9敗。一昨年は8月こそ13勝12敗も、9月は9勝13敗1分けと負け越した。14年はCSで巨人に勝利して日本シリーズに進出しているが、阪神は最後のひと踏ん張りに欠ける傾向がある。糸井、糸原、そしてセットアッパーのマテオとケガ人が相次いでいるし、ベテランの福留、西岡に負担がかかる状況になっているのは不安材料ではある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    特攻兵士が残した「全体主義の国家は必ず敗れ去ります」の言葉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る