捕手小林に「代打宇佐美」は巨人由伸監督からの最後通告

公開日:

 巨人の高橋由伸監督(42)がカンフル剤を打った。9日の阪神戦、2点を追う五回2死一、二塁で小林誠司(28)に代わり、同じ捕手の宇佐見真吾(24)を代打で起用。宇佐見は前日に代打でプロ初安打を放ったばかりの大卒2年目で、この日も右前打で好機を広げたものの、小林はショックだったろう。

 宇佐見はそのまま守備に就き、プロ初マスクをかぶった。この日、テレビ解説した野村謙二郎氏は「ここで代打を出すならスタメンで使えばいいんですけど」と話したが、言われるまでもなく、小林から先発マスクの座を奪う可能性が出てきた。

「リード面などいろいろ言いたいことはあっても、由伸監督ら首脳陣は、なんといっても小林の打率.201という打撃が不満。捕手に捕手の代打というのは、『打たなきゃ代えるぞ』という強いメッセージです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る