• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

捕手小林に「代打宇佐美」は巨人由伸監督からの最後通告

 巨人の高橋由伸監督(42)がカンフル剤を打った。9日の阪神戦、2点を追う五回2死一、二塁で小林誠司(28)に代わり、同じ捕手の宇佐見真吾(24)を代打で起用。宇佐見は前日に代打でプロ初安打を放ったばかりの大卒2年目で、この日も右前打で好機を広げたものの、小林はショックだったろう。

 宇佐見はそのまま守備に就き、プロ初マスクをかぶった。この日、テレビ解説した野村謙二郎氏は「ここで代打を出すならスタメンで使えばいいんですけど」と話したが、言われるまでもなく、小林から先発マスクの座を奪う可能性が出てきた。

「リード面などいろいろ言いたいことはあっても、由伸監督ら首脳陣は、なんといっても小林の打率.201という打撃が不満。捕手に捕手の代打というのは、『打たなきゃ代えるぞ』という強いメッセージです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る