作新下した盛岡大付・関口監督に聞く寮生活と指導の変化

公開日: 更新日:

 15日は初戦で作新学院(栃木)を下した盛岡大付(岩手)が登場する。ベンチ入り18人中、県内出身は4人。数年前まで選手と寝食を共にし、現在も週1回寮に泊まっている関口清治監督(40=社会科教諭)に、寮生活について聞いた。

 ――盛岡大付は全寮制ですか?

「全寮とはしていません。ただ、盛岡市内の子も寮に入りたいと言うので、ほとんどの子が入っています。県内でも通うのに2時間かかる子もいるので、寮の方が親御さんも楽ですよね。今は、121人中117人が寮生です」

 ――寮長時代は問題もありましたか?

「寮と下宿があるんですけど、寮はもともと(盛岡大の)大学生の寮だったので、部屋にトイレとお風呂もついていて、部屋から出てこない子も多い。今時の子には合うのかなと思いながらも、正直、望んではいなかった。(部員は)いろいろな県から来ていますので、高校生の時点で東北の人間が関西の文化を学べるというのはすごく貴重。物の考え方も違うし、もちろん言葉も違う中で、高校時代からそういうのに慣れておけば、社会に出ても苦労しないのかなと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る