• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

作新下した盛岡大付・関口監督に聞く寮生活と指導の変化

 15日は初戦で作新学院(栃木)を下した盛岡大付(岩手)が登場する。ベンチ入り18人中、県内出身は4人。数年前まで選手と寝食を共にし、現在も週1回寮に泊まっている関口清治監督(40=社会科教諭)に、寮生活について聞いた。

 ――盛岡大付は全寮制ですか?

「全寮とはしていません。ただ、盛岡市内の子も寮に入りたいと言うので、ほとんどの子が入っています。県内でも通うのに2時間かかる子もいるので、寮の方が親御さんも楽ですよね。今は、121人中117人が寮生です」

 ――寮長時代は問題もありましたか?

「寮と下宿があるんですけど、寮はもともと(盛岡大の)大学生の寮だったので、部屋にトイレとお風呂もついていて、部屋から出てこない子も多い。今時の子には合うのかなと思いながらも、正直、望んではいなかった。(部員は)いろいろな県から来ていますので、高校生の時点で東北の人間が関西の文化を学べるというのはすごく貴重。物の考え方も違うし、もちろん言葉も違う中で、高校時代からそういうのに慣れておけば、社会に出ても苦労しないのかなと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る