入院騒動と退任の真相…秀岳館・鍛治舎巧監督が明かす

公開日:

 17日に登場する秀岳館(熊本)は、今春まで3季連続甲子園ベスト4。指揮を執る鍛治舎巧監督(66)は先月末の県大会準々決勝後に体調不良で緊急入院。今大会直前には今夏限りでの退任を表明した。体調や退任の真相、今後について聞いた。

 ――入院したときの具体的な症状は。

「右腕がしびれ、口が曲がってきた。ちょうどテレビのインタビュー中で、これは脳梗塞だとなって(収録を)ストップして、コーチを呼んで水をたくさん飲みました」

 ――健康面が心配です。

「全然大丈夫。一過性のものです。あの日は試合(熊本国府との準々決勝)が9時半からあったので、これはどうしようかと思って。救急車を呼んでしまったら、試合には行けないと思ったんです。普段から1日5錠飲んでいる胃薬とか血圧降下剤をいっぺんに20錠、いつもの4倍飲んだら、やっぱりダメで。血圧が下がり過ぎて。いつもは130ちょっとの85くらいなんですけど、飲んだら102の60くらいに。脈拍は47になった。それから血栓ができて、それが脳の方にいって軽い脳梗塞になったんです。その痕跡が左右にあると言われたんですけど、(血栓が)一瞬にして流れてしまったので、後遺症がなかった。(医者には)『運がいいんです。2回目はないですよ、過信したらダメですよ』と言われましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る