劇的サヨナラ弾でCSへ4差 巨人宇佐見は“アイドルオタク”

公開日:  更新日:

 巨人は18日、7―7の延長十回2死二塁で宇佐見真吾(24)がプロ1号となる右越えサヨナラ2ランを放った。ホームイン後に高橋監督に抱擁された宇佐見は初めて上がったお立ち台で「最高です!」と絶叫した。

 アイドルが大好き。入寮時に人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のDVDなどを持ち込み、報道陣に彼女たちの良さを語り続けた。

「それだけじゃない。『チームしゃちほこ』という姉妹グループのファンでもある筋金入りのアイドルオタク。ももクロの熱狂的ファン、通称『モノノフ』は、ヤンキースのマー君が有名で、他にもソフトバンクの柳田など、実は球界に多く潜伏している。巨人の現役選手では、藤村がモノノフの兄貴分で、ライブにも一緒に行っているようです」(チーム関係者)

 4位の巨人は3位のDeNAに4ゲーム差。オタクの一撃で、巨人はCSを射程圏内に捉えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る