劇的サヨナラ弾でCSへ4差 巨人宇佐見は“アイドルオタク”

公開日: 更新日:

 巨人は18日、7―7の延長十回2死二塁で宇佐見真吾(24)がプロ1号となる右越えサヨナラ2ランを放った。ホームイン後に高橋監督に抱擁された宇佐見は初めて上がったお立ち台で「最高です!」と絶叫した。

 アイドルが大好き。入寮時に人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のDVDなどを持ち込み、報道陣に彼女たちの良さを語り続けた。

「それだけじゃない。『チームしゃちほこ』という姉妹グループのファンでもある筋金入りのアイドルオタク。ももクロの熱狂的ファン、通称『モノノフ』は、ヤンキースのマー君が有名で、他にもソフトバンクの柳田など、実は球界に多く潜伏している。巨人の現役選手では、藤村がモノノフの兄貴分で、ライブにも一緒に行っているようです」(チーム関係者)

 4位の巨人は3位のDeNAに4ゲーム差。オタクの一撃で、巨人はCSを射程圏内に捉えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る