• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人正捕手・小林の後輩がドラフト“控え1位”候補に急浮上

 夏の甲子園に出場している広陵(広島)の中村奨成捕手(3年)が、試合ごとに評価を上げている。17日の2回戦で、優勝候補の秀岳館(熊本)を撃破するダメ押し本塁打を左翼席へ叩き込んだ。2本塁打した1回戦に続き、これで3本目。中村は「打った瞬間、いったと思った。自信を持って打席に入れている」とキッパリ言った。

 守っても二塁送球タイム1.74秒、遠投120メートルの強肩を披露。各球団のスカウトが評価する中、捕手難にあえぐ巨人は特に垂ぜんのまなざしを向ける。岡崎スカウト部長は「1位で消える可能性もある。入札もある」と目を細めているのだ。

「本命の早実・清宮次第ではあるものの、もし大学進学などでプロ入りしない場合の“控え1位”候補に急浮上しているようです。小林の高校の後輩ながら鉄砲肩は互角。まさに巨人が探している『打てる』捕手でもある。この打撃力に加え、足も速いという走力と身体能力の高さは、すでに先輩を超えているのではないか、と冷やかすスカウトもいるほどです」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る