賞金王とどっち上? 松山が狙う米ツアー“年間王者”の価値

公開日:  更新日:

【ザ・ノーザントラスト 初日】

 米ツアー年間王者を決めるプレーオフが始まった。頂点に立てばボーナス1000万ドル(約11億円)を手にできる。

 初戦はポイントランク125位までが出場でき、1位の松山英樹(25=2869ポイント)、2位J・トーマス(24=2689ポイント)、3位J・スピース(24=2671ポイント)が同組。

 松山はノーバーディー、4ボギーの4オーバー102位タイと大きく出遅れ、トーマスは2アンダー12位タイ、スピースは1アンダー20位タイだった。

 3人の差は200ポイント以内と僅差であり、プレーオフ4試合とも優勝2000ポイントのため、あっという間に逆転が可能だ。ちなみにメジャーに勝っても600ポイントにしかならず、ポイント設定の高さがよく分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る