結婚と第1子誕生はプラス 松山英樹メジャーVの“必須条件”

公開日:

 まさに仰天発表だった。

 全米プロゴルフ選手権で優勝を逃した松山英樹(25)が14日、結婚と第1子誕生を発表。所属事務所を通じてのファクスで「かねてから交際しておりました一般女性と今年1月に入籍をいたしました。また、7月には第1子が無事誕生いたしました事をご報告させていただきます」とコメントした。いわゆる“できちゃった婚”だ。

 この時期の発表については「妻は一般女性であり、出産前後の母子のプライバシー、安全を考慮して、このタイミングでの報告となった」と説明したが、今回の報道についてあるツアー関係者はこう語る。

「ファンにとっては驚きのニュースでしょうが、東北福祉大出身の松山が同大ゴルフ部の女性と交際していたことは、多くの関係者が知っていました。実は全米オープン直後の6月21日に慌ただしく極秘帰国しているのですが、それも出産直前の夫人に会うためでした。オープンウイークだった全英の翌週にクラブを握らなかったのは子どもが生まれたことと無関係ではないでしょう。プロゴルファーには車や腕時計、ファッションなどに興味がある者が少なくないが、松山はバカがつくほどのゴルフ好き。家にいるときもゴルフ雑誌を読んでいるような男です。入籍と第1子誕生を公にして責任感が増すことはあっても、マイナスになることなんてありませんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る