松山が米ツアー5勝目 圧巻逆転劇の背景に“パットの覚醒”

公開日: 更新日:

【WGCブリヂストン招待】

 まるでパットの名手だった。

 世界ゴルフ選手権(WGC)ブリヂストン招待の最終日、首位に2打差の7アンダー、4位発進の松山英樹(25)は、1イーグル、7バーディーでコースレコードタイの61をマーク。通算16アンダーで今季3勝目(米ツアー通算5勝目)を挙げた。WBCシリーズは昨年10月のHSBCチャンピオンズに次ぐ2勝目となった。

 逆転劇ののろしは2番であがった。第2打をグリーン右奥ラフに外すも、ウエッジでピンまで約18メートルのアプローチを直接ねじ込んでチップインイーグル。3番2メートル、6番4.5メートル、9番3メートルとショットがピンに絡むと、ことごとくバーディーパットを決めて前半だけで5つスコアを伸ばしてターン。

 サンデーバック9に入っても勢いは止まらず、13番で3メートルのバーディーパットを沈めると、「モンスター」の愛称で知られる16番(667ヤード・パー5)から圧巻の3連続バーディーを決めた。終わってみれば2位に5打差をつける圧勝だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る