松山が米ツアー5勝目 圧巻逆転劇の背景に“パットの覚醒”

公開日: 更新日:

【WGCブリヂストン招待】

 まるでパットの名手だった。

 世界ゴルフ選手権(WGC)ブリヂストン招待の最終日、首位に2打差の7アンダー、4位発進の松山英樹(25)は、1イーグル、7バーディーでコースレコードタイの61をマーク。通算16アンダーで今季3勝目(米ツアー通算5勝目)を挙げた。WBCシリーズは昨年10月のHSBCチャンピオンズに次ぐ2勝目となった。

 逆転劇ののろしは2番であがった。第2打をグリーン右奥ラフに外すも、ウエッジでピンまで約18メートルのアプローチを直接ねじ込んでチップインイーグル。3番2メートル、6番4.5メートル、9番3メートルとショットがピンに絡むと、ことごとくバーディーパットを決めて前半だけで5つスコアを伸ばしてターン。

 サンデーバック9に入っても勢いは止まらず、13番で3メートルのバーディーパットを沈めると、「モンスター」の愛称で知られる16番(667ヤード・パー5)から圧巻の3連続バーディーを決めた。終わってみれば2位に5打差をつける圧勝だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る