松山が米ツアー5勝目 圧巻逆転劇の背景に“パットの覚醒”

公開日:

【WGCブリヂストン招待】

 まるでパットの名手だった。

 世界ゴルフ選手権(WGC)ブリヂストン招待の最終日、首位に2打差の7アンダー、4位発進の松山英樹(25)は、1イーグル、7バーディーでコースレコードタイの61をマーク。通算16アンダーで今季3勝目(米ツアー通算5勝目)を挙げた。WBCシリーズは昨年10月のHSBCチャンピオンズに次ぐ2勝目となった。

 逆転劇ののろしは2番であがった。第2打をグリーン右奥ラフに外すも、ウエッジでピンまで約18メートルのアプローチを直接ねじ込んでチップインイーグル。3番2メートル、6番4.5メートル、9番3メートルとショットがピンに絡むと、ことごとくバーディーパットを決めて前半だけで5つスコアを伸ばしてターン。

 サンデーバック9に入っても勢いは止まらず、13番で3メートルのバーディーパットを沈めると、「モンスター」の愛称で知られる16番(667ヤード・パー5)から圧巻の3連続バーディーを決めた。終わってみれば2位に5打差をつける圧勝だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る