• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全米プロ控え調子上がらず 松山に“無冠の3位”のレッテル

【WGCブリヂストン招待 初日】

 全英の後遺症か。インスタートの松山英樹(25)は、出入りの激しいゴルフで1アンダー。首位に4打差、15位タイ発進となった。

 前半は13番から4連続バーディーを奪い、一時はトップに立つも、後半は別人と化し、4つのボギーでスコアを崩した。

「微妙なラウンド。もう少しいいゴルフができると思っていたが、試合となるとうまくいかない。前半はパットが良かったが、後半は良くない感じで終わった。フェアウエーにもあまりいっていない」と松山。

 7月の全英オープン最終日は首位に7打差からの追い上げが期待されながら、1番の第1打でいきなりOB。出だしのトリプルボギーでファンやスポーツマスコミだけでなく、契約スポンサーの期待をも裏切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事