全米プロ15位タイ発進 松山英樹メジャーV“適齢期”は今か

公開日: 更新日:

【全米プロゴルフ選手権 初日】

 前週のWGCブリヂストン招待で今季3勝目(米通算5勝)を挙げて、フェデックスポイントランキング、賞金ランキングとも首位に躍り出た松山英樹(25)。今大会は優勝候補ナンバーワンに挙げられて、初日は6バーディー、5ボギーの70で回り、1アンダー15位タイにつけた。

 前週の勢いのまま2週連続優勝でメジャータイトルを、と熱い視線を送るファンは多いが、メジャーとなれば誰もが手にしたいタイトルだけに簡単にはいかない。

 現在、世界ランク(WR)30位までにメジャータイトルホルダーは13人。そのデータを見ると、平均29試合目に初優勝を遂げている。

 WR1位のダスティン・ジョンソンが昨年の全米オープンで勝ったのもちょうど29試合目(プロ10年目)だった。ちなみに今年のマスターズに勝った同5位のセルヒオ・ガルシアは74試合目(19年目)と遅咲き。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る