時代に逆行…日本人プロだけの試合に優勝賞金1億円の是非

公開日:

【ネスレマッチプレーレクサス杯】

 2014年にスタートした本大会はツアー外競技だが優勝賞金がスゴイ。初年度4000万円(+海外進出支援1000万円)、15年7000万円、16年からは1億円に跳ね上がっている。日本ツアー最高額は今年からスタートするハンダマッチプレー選手権の5000万円だから、2倍だ。

 大会趣旨は日本人プロの海外進出支援もあり、欧州ツアーのハッサン2世トロフィー出場権も与えられる。だが日本ツアーは韓国人プロをはじめとする海外勢にやられっぱなし。そこで外国人プロを締め出して日本人プロ32選手だけで行われている。もっとも主催者の日本人プロへの願いがかなっているか、といえば疑問だ。

 14年松村道央(34)、15年武藤俊憲(39)、16年時松隆光(23)の歴代チャンピオンが海外で活躍したという話は聞いたことがない。それどころか時松は資格のある欧州ツアーを欠場して、国内大会でプレーしていたからあきれるばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る