12球団ダントツ 広島・石井打撃Cが明かす得点力の秘密

公開日:

 1日のヤクルト戦に勝利した広島。8月23日に、4番の鈴木が右足首骨折で離脱する苦境に見舞われたが、主軸不在となった24日からの計8試合は新井や松山が4番を務め、1試合平均得点は4.25をキープ。この日、4番として3打数3安打2打点の活躍を見せた松山は「なかなか点が取れない中でいい仕事ができた。一人一人がつなぐ打撃を心がけている」と話したように、12球団ダントツのチーム総得点635の攻撃力は健在だ。

 その裏には「考えさせる野球」がある。石井打撃コーチはこう言う。

「プロに入るときは一流だ、天才だとチヤホヤされる。いざプロに入ったら、みんな自分と同じかそれ以上のレベルの人ばかり。まず、それに驚いて戸惑う選手が多い。そこからどうやって1歩2歩、自分が飛び出していくか。それを考えていったらやるべきことは決まってくる。自分が現役のときも状況を考えながら取り組んでいました。練習は『理想を追い求める場所』、試合は『どれだけ迅速な状況判断ができるかを試す場所』。練習は確認作業であって、試合とは切り離して考えないといけない。『練習でやってきたことを試合でも』というのは違う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る