4番不在も失速せず 広島「つなぎ野球」の徹底で好調維持

公開日:  更新日:

「4番欠場」――。これはすなわちチーム力の低下を示す。

 首位を走る広島は、23日のDeNA戦で4番の鈴木誠也(23)が右足首をひねり、昨29日に手術。「右脛骨内果骨折」と「三角靱帯損傷」で全治3カ月と診断され、今季絶望となった。

 空いた4番のイスには新井貴浩(40)と松山竜平(31)が“手分け”して座っているが、鈴木の離脱後でも3勝2敗。主砲不在でも5試合で26得点(1試合平均5・2得点)と確実に点を取っている。昨29日の巨人戦で今季2度目の4番を務めた松山はこう話す。

「誠也が4番にいたときも今も、とにかく次につなぐという意識でやっているので、もともと『4番に頼る』という感覚でやっていない。状況にもよるけど、『4番=ホームランや長打』という考えでやっていないので、やることはそこまで変わらないんです。点はしっかり取れている。(25日の中日戦で4番に座ったとき)新井さんは『新4番に任せよう』と言って和ませてくれるので、4番でもやりやすいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る