• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4打点大暴れでM再点灯 広島・松山に数々の“愛され伝説”

「まっちゃん」の活躍で広島が優勝マジック(27)を再点灯させた。

 15日の対阪神戦。1点差に迫られた三回に、5番の松山竜平(31)が中前へ落ちる2点適時打を放った。松山は四回にも2点打で計4打点の大暴れである。

 鹿児島出身。丸い顔から「アンパンマン」の愛称で親しまれていたが、最近は年下の丸や菊池からも「まっちゃん」と呼ばれる。松山は「愛されているのか、いじめられているのか……」とテレビで語っているが、選手がこう言った。

「オフに選手同士で『まっちゃんが野球をやめたら何の仕事が向いているか?』って、本人をいじっていたんです。勉強は苦手だし、器用な方でもない。『結局、野球以外ないんだよ』って話になった。それを真顔で聞いていたまっちゃんは『よし、それじゃ、もっとバット振るか』って。素直な性格というか……(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

もっと見る