• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4打点大暴れでM再点灯 広島・松山に数々の“愛され伝説”

「まっちゃん」の活躍で広島が優勝マジック(27)を再点灯させた。

 15日の対阪神戦。1点差に迫られた三回に、5番の松山竜平(31)が中前へ落ちる2点適時打を放った。松山は四回にも2点打で計4打点の大暴れである。

 鹿児島出身。丸い顔から「アンパンマン」の愛称で親しまれていたが、最近は年下の丸や菊池からも「まっちゃん」と呼ばれる。松山は「愛されているのか、いじめられているのか……」とテレビで語っているが、選手がこう言った。

「オフに選手同士で『まっちゃんが野球をやめたら何の仕事が向いているか?』って、本人をいじっていたんです。勉強は苦手だし、器用な方でもない。『結局、野球以外ないんだよ』って話になった。それを真顔で聞いていたまっちゃんは『よし、それじゃ、もっとバット振るか』って。素直な性格というか……(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る