• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キューバ戦で勝ち越し犠飛も 清宮「全然だめ」と反省の弁

 清宮が主砲の意地を見せた。

「4番・一塁」でスタメンに名を連ねた3日(日本時間4日)のU18W杯のキューバ戦。同点に追い付かれた直後の三回だった。無死二、三塁から相手バッテリーは3番・安田(履正社)を敬遠して清宮との勝負を選択。目の前で歩かされる屈辱をバットで晴らした。

 清宮は相手の先発右腕チーにフルカウントまで粘ると、高めの直球を捉えて勝ち越しの右犠飛を放った。その後は2番手左腕オスカルの変化球にタイミングが合わない。第2戦に続いて快音は響かず、3打数無安打に終わるも、2犠飛で2打点をマークして主砲として最低限の働きを見せた。

 キューバを7―2で下し、2勝1敗とした日本は4日(日本時間5日)にオランダと対戦する。

▽清宮のコメント
「全然だめです。自分の調子が悪い時の自分が出ている。体が開きまくって、全然分からなくなっている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

もっと見る