• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

U18の結果が進学後押し? 悩む清宮にスカウト陣ヒヤヒヤ

 カナダでU18W杯を戦う高校日本代表主将の清宮幸太郎(3年=早実)が泥沼にハマっている。

 日本時間4日に行われた1次ラウンド・キューバ戦では決勝犠飛を放つなど2打点を挙げたものの、3打数無安打。同3日の米国戦も4タコに終わっており、「全然ダメ。調子悪い時の自分が全部出ているなっていうか、体が開きまくって、もうワケが分からなくなっている」と悩んでいるのだ。

 これには清宮をドラフト1位候補に挙げる球団も苦笑いするしかない。パ・リーグの某スカウトがこう言った。

「心配ですね。いつも強気というか、弱音を吐かない男なのに珍しい。米国戦で150キロ級の左腕の動く球に完全にタイミングを狂わされてしまった。これでプロ側の評価が変わることはないが、清宮の方が自信を喪失しないで欲しいですよね。プロ入りすれば、外国人投手のこういった球に対応しないといけない場面が必ず出てくる。だったら、早大に進学してから出直そうなんてね。プロか大学か、仮にこの大会の結果を受けて最終的に決断しようと思っているなら、進学を後押ししそうで心配しているんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る