U18の結果が進学後押し? 悩む清宮にスカウト陣ヒヤヒヤ

公開日:  更新日:

 カナダでU18W杯を戦う高校日本代表主将の清宮幸太郎(3年=早実)が泥沼にハマっている。

 日本時間4日に行われた1次ラウンド・キューバ戦では決勝犠飛を放つなど2打点を挙げたものの、3打数無安打。同3日の米国戦も4タコに終わっており、「全然ダメ。調子悪い時の自分が全部出ているなっていうか、体が開きまくって、もうワケが分からなくなっている」と悩んでいるのだ。

 これには清宮をドラフト1位候補に挙げる球団も苦笑いするしかない。パ・リーグの某スカウトがこう言った。

「心配ですね。いつも強気というか、弱音を吐かない男なのに珍しい。米国戦で150キロ級の左腕の動く球に完全にタイミングを狂わされてしまった。これでプロ側の評価が変わることはないが、清宮の方が自信を喪失しないで欲しいですよね。プロ入りすれば、外国人投手のこういった球に対応しないといけない場面が必ず出てくる。だったら、早大に進学してから出直そうなんてね。プロか大学か、仮にこの大会の結果を受けて最終的に決断しようと思っているなら、進学を後押ししそうで心配しているんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る