• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

将来の監督候補 阪神・鳥谷を待つ金本監督とのトップ争い

 阪神の鳥谷敬(36)が8日のDeNA戦の1打席目に、右中間に適時二塁打を放ち、通算2000安打を達成。主将の福留と、早大の1年後輩であるDeNA田中浩が花束を渡した際に少し笑顔を見せたが、クールにヘルメットを脱いでスタンドのファンに会釈。試合後には決勝打を放った西岡とお立ち台に並び、「たくさんのファンの前で打てて良かった。2000本を打てるとは思っていなかった。この数字を残せたのは良かった」と喜びを噛みしめた。

 阪神の生え抜きでは藤田平(83年)に次ぐ2人目の大台到達。入団1年目の9月からの連続試合出場はプロ14年目の今も継続中で、4月には金本監督が持つ記録(1766試合)を抜いている。

 14年オフには海外FA権を行使し、メジャー挑戦を模索したものの断念。生涯阪神を宣言し、19年までの5年契約を結んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事