史上初50セーブ ソフト守護神サファテはCSまで持つのか

公開日:  更新日:

 10日のロッテ戦で50セーブ目。プロ野球記録を更新した直後には捕手の高谷とタッチを交わしたソフトバンクの守護神・サファテ(36)。

 この日は4点リードの九回に登板した森が3連打で1点を失い、なおも無死一、二塁のピンチでマウンドへ。いきなり重盗を決められたが、後続を3者連続三振に打ち取った。

「準備はできていた。どんな形でも、3つアウトを取れればいい。50セーブ? 自分の記録よりも、チームの優勝さ。マジック5だし、一日も早く(優勝を)決めたいね」

 試合後の本人は殊勝にこう話したとはいえ、10日が実に今季61試合目の登板。66試合目の登板となった岩崎とともに3連投だった。

 リーグ優勝は時間の問題だろうが、サファテ以下、盤石といわれるリリーフ陣はその後に控えるCS、日本シリーズまで持つのかどうか。サファテがセーブ記録を更新すればするほど、心配になってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る