• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロと早大が争奪戦 帰国の清宮“雑音封じ”にお疲れモード

「進路は迷っている? そうですね。なんか(記事が)出てましたけど」

 12日、カナダで行われたU18W杯を終えて帰国した清宮幸太郎(早実)が苦笑いを浮かべてこう言った。

 高校最後の試合が終わり、10月末にはドラフト会議が行われる。大会終了直後に進路について、「これから」と話していたが、この日の帰国会見でも注目の進路についての質問が飛び交った。

 しかし、清宮はあくまで未定であることを繰り返し強調。

「大学かプロかは決めていない」

「いつ決めるか? あんまり決めてないです。(10月12日の)プロ志望届提出期限までには? そりゃそうです」

「五輪に出たいか? 大学でもプロでも五輪に出られる。東京でやる以上は目指したいが、今のままでは力不足」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事