• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清宮プロ入り阻止へ 早大は“小宮山悟監督”で争奪戦挑む

「消去法は嫌なので。やっぱり自分が何をやりたいのか、しっかり見つけて一番いい選択ができればなと思う。家族と相談? まあ、(両親が)早稲田と慶応なので。やっぱり大学の良さは知っているじゃないですか。まあ、いろいろな話をしたい」

 日本時間11日未明、U18W杯の3位決定戦でカナダに勝利するも、悲願の世界一に届かなかった清宮幸太郎(早実)は「まだまだ実力が足りない」と涙をぬぐったが、進路については明言を避けた。

 12日の帰国後にも、今後の進路について表明するといわれる中で、11日付の報知新聞は「決断として『プロ』が最有力となった。家族、学校関係者と話し合い、今月下旬にも最終的な意思を表明するとみられる」などとデカデカと報じた。

 清宮の将来的な目標はメジャー挑戦だ。かつては「プロ野球に行ってメジャーに行きたい」と語ったこともある。大学へ進学せず、高校からプロ入りすることがメジャーへの近道と考えているならば、現実的なプランである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事