清宮プロ入り阻止へ 早大は“小宮山悟監督”で争奪戦挑む

公開日:

「消去法は嫌なので。やっぱり自分が何をやりたいのか、しっかり見つけて一番いい選択ができればなと思う。家族と相談? まあ、(両親が)早稲田と慶応なので。やっぱり大学の良さは知っているじゃないですか。まあ、いろいろな話をしたい」

 日本時間11日未明、U18W杯の3位決定戦でカナダに勝利するも、悲願の世界一に届かなかった清宮幸太郎(早実)は「まだまだ実力が足りない」と涙をぬぐったが、進路については明言を避けた。

 12日の帰国後にも、今後の進路について表明するといわれる中で、11日付の報知新聞は「決断として『プロ』が最有力となった。家族、学校関係者と話し合い、今月下旬にも最終的な意思を表明するとみられる」などとデカデカと報じた。

 清宮の将来的な目標はメジャー挑戦だ。かつては「プロ野球に行ってメジャーに行きたい」と語ったこともある。大学へ進学せず、高校からプロ入りすることがメジャーへの近道と考えているならば、現実的なプランである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る