右脇腹痛で離脱 ソフトB柳田の脳裏に蘇る“トラウマ査定”

公開日:

 去年の二の舞いか。

 ソフトバンクの柳田悠岐(28)が21日の日本ハム戦で右わき腹を痛め、「右腹斜筋と肋間筋損傷」で全治3週間と診断された。ここまでチームを引っ張ってきた主砲の離脱は痛いが、リーグ優勝後だったのが不幸中の幸い。来月18日からのCSファイナルステージにギリギリ間に合う可能性もあり、工藤監督は「(CSには)間に合うと思っている」そうだ。

 そんな指揮官とは対照的に、ケガをした柳田の脳裏には「査定」の2文字が浮かんでいるはずだ。

 今季の年俸は、2015年のトリプルスリーで3倍になった昨季の2.7億円から1000万円ダウンの2.6億円。シーズン終盤に右手薬指を骨折し、CSには出場したものの、7試合で打率.143と結果を残せなかったことも踏まえての評価だった。

 その直後には前年オフに手術した右ひじの痛みでWBCを辞退。それでもここまでリーグトップの出塁率(.426)を誇り、打率.310、99打点(いずれも同2位)、31本塁打(同3位)と結果を残してきた。順調にいけば、4つのタイトル獲得やMVPもあったかもしれない。そうなれば、カネのあるソフトバンクのことだ。来季は4億円を超えただろう。

 選手はクビになってからの人生の方が長い。だから最近は、一流の選手でも堅実で、“引退までにこれくらい稼げば安心”とソロバンをはじくという。どうやら2年連続で見積もり通りにいきそうもない柳田。「未来予想図」には誤算がつきものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る