右脇腹痛で離脱 ソフトB柳田の脳裏に蘇る“トラウマ査定”

公開日:

 去年の二の舞いか。

 ソフトバンクの柳田悠岐(28)が21日の日本ハム戦で右わき腹を痛め、「右腹斜筋と肋間筋損傷」で全治3週間と診断された。ここまでチームを引っ張ってきた主砲の離脱は痛いが、リーグ優勝後だったのが不幸中の幸い。来月18日からのCSファイナルステージにギリギリ間に合う可能性もあり、工藤監督は「(CSには)間に合うと思っている」そうだ。

 そんな指揮官とは対照的に、ケガをした柳田の脳裏には「査定」の2文字が浮かんでいるはずだ。

 今季の年俸は、2015年のトリプルスリーで3倍になった昨季の2.7億円から1000万円ダウンの2.6億円。シーズン終盤に右手薬指を骨折し、CSには出場したものの、7試合で打率.143と結果を残せなかったことも踏まえての評価だった。

 その直後には前年オフに手術した右ひじの痛みでWBCを辞退。それでもここまでリーグトップの出塁率(.426)を誇り、打率.310、99打点(いずれも同2位)、31本塁打(同3位)と結果を残してきた。順調にいけば、4つのタイトル獲得やMVPもあったかもしれない。そうなれば、カネのあるソフトバンクのことだ。来季は4億円を超えただろう。

 選手はクビになってからの人生の方が長い。だから最近は、一流の選手でも堅実で、“引退までにこれくらい稼げば安心”とソロバンをはじくという。どうやら2年連続で見積もり通りにいきそうもない柳田。「未来予想図」には誤算がつきものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  9. 9

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

  10. 10

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

もっと見る