ドラ1指名は清宮か右強打者か 金本監督にとりつく“HR病”

公開日:

 こんな日こそ一発が欲しかった。

 巨人菅野に2安打完封負けの阪神。五回以降は1人も走者を出せずに終わった。片岡打撃コーチは「少ないチャンスで何とかしなければならない投手だけど、チャンスすらつくれなかった」と言った。目の前で胴上げを見せられた18日の広島戦で、生え抜きの右打者では2006年の浜中治(現二軍打撃コーチ)以来となる20号アーチを放った中谷あたりがソロ弾でも打っていれば、試合の流れも変わっただろう。ベンチでイライラしていたであろう金本監督もそう思っていたはずだ。

 4番を打った経験がある金本監督は本塁打へのこだわりが強い。当初はドラフトで投手を1位指名するはずだったが、2年連続で野手(15年高山、16年大山)を取りにいったのも、スカウトから「大砲ではないがホームランも打てる」との評価を得ていたからだという。

 あるOBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る