• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

目標はゴジラ “西の大砲”履正社・安田尚憲がプロ入り表明

 早実の清宮が東京でプロ入りを表明した22日、大阪では履正社の安田尚憲が会見でプロ志望を明らかにした。

 安田は高校通算65本塁打のスラッガー。U18W杯では清宮の前の3番を打って、34打数11安打(3割2分4厘)、5打点と活躍した。「プレーも人間的にも素晴らしい松井秀喜さんのような選手が目標」とは本人だ。

 昨年暮れ、岡田監督との進路面談が行われたときから、卒業後の進路はプロ一本に。ギリギリまでプロか進学か悩んだという清宮と比べれば、早い時期にバット一本で生きていく決意と覚悟を固めていたことになる。

 ドラフト1位指名が確実視される「西の大砲」は精神面も楽しみな選手と言えそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る