早実・清宮幸太郎がプロ入り表明 「868本を目指したい」

公開日:  更新日:

 早実の清宮幸太郎(3年)が、プロ入りを表明した。22日午後12時40分に東京都国分寺市の同校で会見。冒頭、無数のフラッシュがたかれる中で「プロ野球志望届を提出することに決めました。次の大きな夢に挑戦するべきだと確信するに至りました。(王貞治氏の)868本を目指す使命感はある」といつもの落ち着いた口調で切り出した。

 史上最多の高校通算111本塁打をマークした超高校級スラッガーの進路は、早くから大きな注目を集めていた。今月12日、カナダで行われたU18W杯からの帰国会見では、「大学かプロかで迷っています」と悩める胸中を吐露していたが、ラグビーのヤマハ発動機で監督を務める父・克幸氏(50)らとの家族会議などを重ねた末、プロ入りの決断を下した。

 今秋ドラフトでは89年の野茂英雄、90年の小池秀郎の8球団を超える過去最多の競合は必至。最終的な目標をメジャーと公言している清宮の希望をかなえるため、早期の米球界挑戦容認を準備している球団もある。

 日本ハムの大谷は入団5年目で海を渡る。プロ野球で順調に結果を出せば、清宮にもその可能性は十分にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る