早実・清宮幸太郎がプロ入り表明 「868本を目指したい」

公開日:  更新日:

 早実の清宮幸太郎(3年)が、プロ入りを表明した。22日午後12時40分に東京都国分寺市の同校で会見。冒頭、無数のフラッシュがたかれる中で「プロ野球志望届を提出することに決めました。次の大きな夢に挑戦するべきだと確信するに至りました。(王貞治氏の)868本を目指す使命感はある」といつもの落ち着いた口調で切り出した。

 史上最多の高校通算111本塁打をマークした超高校級スラッガーの進路は、早くから大きな注目を集めていた。今月12日、カナダで行われたU18W杯からの帰国会見では、「大学かプロかで迷っています」と悩める胸中を吐露していたが、ラグビーのヤマハ発動機で監督を務める父・克幸氏(50)らとの家族会議などを重ねた末、プロ入りの決断を下した。

 今秋ドラフトでは89年の野茂英雄、90年の小池秀郎の8球団を超える過去最多の競合は必至。最終的な目標をメジャーと公言している清宮の希望をかなえるため、早期の米球界挑戦容認を準備している球団もある。

 日本ハムの大谷は入団5年目で海を渡る。プロ野球で順調に結果を出せば、清宮にもその可能性は十分にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る