本田真凜シニア初Vかすむ…女王は驚異のSP高得点発進

公開日: 更新日:

 フィギュアスケートのオンドレイ・ネペラ杯(スロバキア・ブラチスラバ)が21日(日本時間22日)に開幕。女子ショートプログラム(SP)でエフゲニア・メドベージェワ(17=ロシア)が、自身の持つ歴代最高得点80.85点に迫る80.00点で首位に立った。世界選手権、GPファイナル2連覇中の女王が来年2月の平昌五輪に向けて好スタートを切った。

 メドベージェワは今季初戦の国際大会で安定した演技を披露。スケート技術や表現力など5項目の構成点はすべて9点台と驚異的な数字を並べた。

 フィギュアのシーズンが本格的に開幕し、米NBCスポーツ(電子版)は21日、平昌五輪のメダル予想を掲載。記事では、メドベージェワを金メダルの最有力候補に挙げ、「最大のライバルはシニアデビューした昨季のジュニア世界選手権優勝のアリーナ・ザキトワ(ロシア)と準優勝の本田真凜になるだろう」としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  7. 7

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  8. 8

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  9. 9

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る