• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本田真凜のシニア初戦Vはジュニア女王への“ご褒美”か

 女子フィギュアスケートに新鋭が現れたと評判である。

 昨年の世界ジュニア選手権女王の本田真凜(16)が「USインターナショナル・クラシック」(14~16日=米・ソルトレークシティー)で、合計198.42点をマークして優勝。シニアデビュー戦となった今季の国際大会初戦で幸先のいいスタートを切った。

 高地(標高1300メートル)特有の酸素の薄さからショートプログラム(SP)、フリーとも息切れしそうになりながら、全てのスピンで最高難度のレベル4の評価を得るなど、上々の滑りを披露した。

 シニア初戦を制した本田は「ミスがあった中で、この点数が出せてよかった。まだまだ頑張らないといけない」と話し、あらためて来年2月の平昌五輪を目標に掲げた。

 ジュニア女王がシニア選手に交じって堂々の演技を見せたとはいえ、額面通りには受け取れない。実はジュニア選手権の覇者はシニアデビュー戦や翌シーズンの国際大会初戦で優勝するのが「慣例」となっているともっぱらだからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る