本田真凜のシニア初戦Vはジュニア女王への“ご褒美”か

公開日:

 女子フィギュアスケートに新鋭が現れたと評判である。

 昨年の世界ジュニア選手権女王の本田真凜(16)が「USインターナショナル・クラシック」(14~16日=米・ソルトレークシティー)で、合計198.42点をマークして優勝。シニアデビュー戦となった今季の国際大会初戦で幸先のいいスタートを切った。

 高地(標高1300メートル)特有の酸素の薄さからショートプログラム(SP)、フリーとも息切れしそうになりながら、全てのスピンで最高難度のレベル4の評価を得るなど、上々の滑りを披露した。

 シニア初戦を制した本田は「ミスがあった中で、この点数が出せてよかった。まだまだ頑張らないといけない」と話し、あらためて来年2月の平昌五輪を目標に掲げた。

 ジュニア女王がシニア選手に交じって堂々の演技を見せたとはいえ、額面通りには受け取れない。実はジュニア選手権の覇者はシニアデビュー戦や翌シーズンの国際大会初戦で優勝するのが「慣例」となっているともっぱらだからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る