IOCが検討 平昌五輪に北朝鮮ペア「特別枠」出場の思惑

公開日:

 国連による制裁が決まった北朝鮮が、来年2月の平昌五輪には選手を派遣することになるかもしれない。

 IOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長は11日(日本時間12日)、リマでの理事会後に会見し、北朝鮮による核実験、ミサイル発射が平昌五輪に与える影響について「大会の安全面を脅かすような兆しはない」と否定した。11月1日から朝鮮半島を巡る聖火リレーは予定通り北朝鮮の一部でも行うという。

 北朝鮮には現時点で出場権を獲得した選手はいないが、IOCは「特別枠」や「招待枠」での参加を検討。特例で出場資格を与えられる可能性があるのはフィギュアスケートペアのリョム・テオク(18)、キム・ジュシク(24)だ。

 ペアを結成してわずか2年目ながら、今年2月の冬季アジア大会(札幌)では銅メダルを獲得。翌3~4月の世界選手権(ヘルシンキ)では出場28チーム中15位。平昌五輪出場枠が与えられる16位以内に入りながら、強豪の中国、ロシア、カナダの複数ペアが上位に入ったため、出場権を逃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る