• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松山英樹PO低迷はエースドライバー“フェース割れ”原因か

【ツアー選手権 2日目】

 5オーバー29位発進から巻き返しを狙った松山英樹(25)。大会2日目は4バーディー、2ボギーの68で回り、通算3オーバーに戻し26位に浮上した。

 プレーオフに入ってから成績が低迷しているが、第3戦のBMW選手権前にエースドライバーのフェースが割れるというアクシデントに見舞われていた。昨年10月から使い、米ツアー3勝を挙げたキャロウェイ社のグレートビッグバーサだ。すでに予備ヘッドを装着したが、初日にフェアウエーをとらえたのは3ホールだけで、右にも左にも曲げた。

「不振理由はドライバーにあるかもしれません」と指摘するのはクラブデザイナー・高橋治氏だ。

「ヘッドスピードが55メートル近い松山が使い続けたら金属疲労でフェースが割れてしまうのは仕方ないことです。ただスペアヘッドの重心位置、重量、ロフト、ライ角が同じであっても、鋳造や溶接といった製造工程での誤差があり、全く同じに見えても個体差があります。それまでのヘッドより余計にフェースやクラウンがたわめば、ボールとのコンタクト時間は長くなり左に出る。逆にたわみが少なければ、つかまりが悪くなって右に出てしまう。ヘッドスピード40メートル前後のアマチュアなら許容範囲ですが、50メートルを超す松山になると曲がりはそれだけ大きくなる。ヘッドを替えたことで、このスイングをすれば、このボールが出るという信頼感がなくなり、どこに飛び出すのかわからず苦労しているのではないでしょうか」

 ティーショットの大苦戦は、松山の活躍を支えてきたエースドライバーを失ったことが大きいということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る