松山英樹PO低迷はエースドライバー“フェース割れ”原因か

公開日:  更新日:

【ツアー選手権 2日目】

 5オーバー29位発進から巻き返しを狙った松山英樹(25)。大会2日目は4バーディー、2ボギーの68で回り、通算3オーバーに戻し26位に浮上した。

 プレーオフに入ってから成績が低迷しているが、第3戦のBMW選手権前にエースドライバーのフェースが割れるというアクシデントに見舞われていた。昨年10月から使い、米ツアー3勝を挙げたキャロウェイ社のグレートビッグバーサだ。すでに予備ヘッドを装着したが、初日にフェアウエーをとらえたのは3ホールだけで、右にも左にも曲げた。

「不振理由はドライバーにあるかもしれません」と指摘するのはクラブデザイナー・高橋治氏だ。

「ヘッドスピードが55メートル近い松山が使い続けたら金属疲労でフェースが割れてしまうのは仕方ないことです。ただスペアヘッドの重心位置、重量、ロフト、ライ角が同じであっても、鋳造や溶接といった製造工程での誤差があり、全く同じに見えても個体差があります。それまでのヘッドより余計にフェースやクラウンがたわめば、ボールとのコンタクト時間は長くなり左に出る。逆にたわみが少なければ、つかまりが悪くなって右に出てしまう。ヘッドスピード40メートル前後のアマチュアなら許容範囲ですが、50メートルを超す松山になると曲がりはそれだけ大きくなる。ヘッドを替えたことで、このスイングをすれば、このボールが出るという信頼感がなくなり、どこに飛び出すのかわからず苦労しているのではないでしょうか」

 ティーショットの大苦戦は、松山の活躍を支えてきたエースドライバーを失ったことが大きいということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る