松山英樹 ブービー29位発進で遠のく日本人初の年間王者

公開日:  更新日:

【ツアー選手権】

 ポイントランク上位30選手だけ出場するプレーオフ最終戦。4年連続出場の松山英樹(25)は大会前、「悪い状態をどうやって切り抜けていけるか。いいショットと思えるのは10回に1回しかない」と不安をこぼしていた。

 松山が日本人初の年間王者タイトルを獲得するには優勝が絶対条件。「優勝を目指してやる」と語っていたが、不安は解消されずに出だしからつまずいた。

 1番パー4はティーショットを右に曲げると2打目、3打目とも右ラフを渡り歩き、4オン2パットのダブルボギー発進。その後も4番、7番とボギーを積み重ねて、9番パー3はティーショットが右ガードバンカーへ。脱出は3メートルにつけるも、そこから痛恨の3パットで2つ目のダブルボギー。前半を6オーバー最下位でターン。

 後半は13番パー4で初バーディー。ティーショットは右に曲げてボールは枯れ松葉の上だったが、ピン上5メートルにつけて1パットで沈めた。池越えの15番パー3はグリーンに届かず手前ラフ。そこからチップインバーディーを決めた。しかし波に乗れず17番パー4でもティーショットを右に曲げてこの日3つ目のダブルボギー。上がり18番でバーディーを奪うも、5オーバー29位でホールアウト。75は今大会でのワーストスコアだった。

「いいショットが打てない。今日は最下位じゃなかった。明日から少しでも順位を上げていきたい」(松山)

 トップとの11打差を残り3日間でひっくり返すのは厳しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る