• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松山英樹 ブービー29位発進で遠のく日本人初の年間王者

【ツアー選手権】

 ポイントランク上位30選手だけ出場するプレーオフ最終戦。4年連続出場の松山英樹(25)は大会前、「悪い状態をどうやって切り抜けていけるか。いいショットと思えるのは10回に1回しかない」と不安をこぼしていた。

 松山が日本人初の年間王者タイトルを獲得するには優勝が絶対条件。「優勝を目指してやる」と語っていたが、不安は解消されずに出だしからつまずいた。

 1番パー4はティーショットを右に曲げると2打目、3打目とも右ラフを渡り歩き、4オン2パットのダブルボギー発進。その後も4番、7番とボギーを積み重ねて、9番パー3はティーショットが右ガードバンカーへ。脱出は3メートルにつけるも、そこから痛恨の3パットで2つ目のダブルボギー。前半を6オーバー最下位でターン。

 後半は13番パー4で初バーディー。ティーショットは右に曲げてボールは枯れ松葉の上だったが、ピン上5メートルにつけて1パットで沈めた。池越えの15番パー3はグリーンに届かず手前ラフ。そこからチップインバーディーを決めた。しかし波に乗れず17番パー4でもティーショットを右に曲げてこの日3つ目のダブルボギー。上がり18番でバーディーを奪うも、5オーバー29位でホールアウト。75は今大会でのワーストスコアだった。

「いいショットが打てない。今日は最下位じゃなかった。明日から少しでも順位を上げていきたい」(松山)

 トップとの11打差を残り3日間でひっくり返すのは厳しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る