PO最終戦直前 松山英樹も気づかない“体の異変”をプロ指摘

公開日:

【ツアー選手権】

 プレーオフ最終戦のツアー選手権に勝てば、ポイントランク上位選手の成績次第では年間王者のチャンスが残されている松山英樹(25)。

 だが、プレーオフに入ってから初戦予選落ち、2戦目23位、3戦目47位と調子が上向かず、シーズン終了後のポイントランク1位から今では7位に陥落。今大会優勝予想でも18番手とすっかり評価を落としてしまった。

「本人は気が張っているから気付いていないかもしれないが、目に見えない疲労から下半身の動きにシャープさが失われています」と指摘するのは田原紘プロだ。

「WGC―BS招待に勝った反動もあります。勝った時は気持ちが高揚して疲れを感じない。もっと戦いたいと前向きになる。その勢いで全米プロは最終日の10番バーディーで単独トップに立ち、メジャー優勝に最も近づいた。ところが11番でフェアウエーから残り151ヤードという絶好の状況でグリーンを外してから3連続ボギー。あっけなく終わってしまった。その敗戦にどっと疲れが出て、プレーオフまで引きずっている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る